FC2ブログ

株式投資等で超効率良く年間100万円+を目指すブログ

時間が使わず投資のパフォーマンスを上げていくブログ

お得な株主優待 7494コナカ

PC240492.jpg


PC240495.jpg
他の割引券と併用して使えるといった特典つき!


今なら…なんと29,800円程度で買える

バリュー株でもあり、PER4,9 PBR0,24と割安♪

ギフト等にも使える?のでお勧めの優待であります♪

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


スポンサーサイト



株はどのようにして買うのか(2)

最初証券会社を選ぶ所から入りますが…
証券会社によっては、年間口座料等がいるところもある

大手※バンク程、手数料が高い傾向にあります。

そこでネット証券

最も大手で手数料が安く、さらには米国、韓国、中国、ロシア、FX等ツールが充実している所。

SBI証券


お勧めですが、全く何もわからない場合「射幸心」を煽る
「今がチャンス!」「年利何%でお得」
とか、そんな類の広告が多数あるのでインした際に多少の注意が必要(苦笑
下手したらギャンブル的に相場をしてしまう可能性もあります。

安いし、住信と直通なのでとにかく便利です♪


全くわからないし、そんな広告ばっかり出てるんじゃ…との方は

マネックス証券



こちらは優良な証券会社、且つ12月末までに口座開設をしたら5000円プレゼントしてくれる特典つきです♪

FXのレバレッジ(自分の持っているお金に対し、何倍の額の取引が出来るか)も大手証券より遥かに良心的。

この二つくらいでしょうか。
お勧めが出来る証券会社はm()m

無論、広告ですのでここから登録なさらなくともブログの右上の時計の下より各証券会社に飛んでいただいたら登録は出来ます♪

まずは証券会社を選ぶ所からスタートですね♪

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

実際に株を買う段階へ、続きます♪

PBRという罠

株価純資産倍率は(以下PBR)、一株あたり純資産額に対する株価の倍率(状況)を測る指標である。以下の式で求められる。

株価純資産倍率 = 株価 ÷ 一株あたり純資産額
(総資産-負債=清算時に株主に帰属する金額→純資産)

一般にPBRが1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ、それ以下だと割安株として扱われる。1倍以下の水準では会社が保有する純資産の額より株式時価総額のほうが安いことを意味しており、継続的に事業を行うより解散した方が株主の利益になる可能性がある。

売買指標として個人投資家に用いられる事が多く、投資本等でもお馴染みの指標ですが
純資産を全て正確に把握する事は至難の業であるという事、土地、建物はもちろん知的財産権等の資産も実際に売却するまで正確にわかるはずが無いので、むしろこの数値が低いという事は、資産を有効活用していないとも取れます。

個人的には、低PBRで低配当利回りの企業等は経営能力そのものに問題があるのではないか?という懸念がありますので、そういった意味合いでの活用はしますが
低PBR=割安株 その図式を鵜呑みにすると少し危ういかな?と思われます。

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
参考程度になりましたらm()m

見切り千両という考え方

某mixi記事からの引用~

男性のみなさん、外で食事をするお金がもったいないと家で食事をしたり、映画館で映画を見るのももったいないとDVDレンタルで済ませたりと、彼女との交際費をケチっていませんか? 今回の「恋愛中の彼氏にケチられると冷めることランキング」からは、《外食代(割り勘の場合)》、《デート代(飲食費以外)》、《彼女(自分)の食事代(おごり代)》など外出先でかかるお金をケチってほしくないと考えている女性が多いことがわかりました。


 せっかく楽しみにしていたデート。でも、《外食代(割り勘の場合)》や《デート代(飲食費以外)》を安く済ませようとする彼の姿に100年の恋も冷めてしまった――。
こんな光景は、かなり現実的なよう。ランキング1位に入った《外食代(割り勘の場合)》をケチりがちな男性は、月に一度くらいはいつもと違う雰囲気のお店に彼女を連れて行くなどして、彼女の気持ちが冷めないように気遣った方がよさそうです。男女での結果の違いも興味深かった今回のランキング。男性に聞いた「恋愛中の彼女にケチられると冷めることランキング」で上位に入ったのは、1位《電話代》、4位《彼女の服飾代》6位《彼女の美容代》でした。男性は外出先で使うお金のことよりも、二人の間でかかる電話代や彼女自身が自分にかけているお金のほうが気になるようです。

 人それぞれ価値観が違うからこそ、ケチるポイントも冷めるポイントも違って当然。でも恋人の気持ちを冷めさせないためには、相手の価値観を尊重しながら時には自分のこだわりをグッと抑えることも必要。《外食代(割り勘の場合)》や《デート代(飲食費以外)》をケチったがために本当に手に入れたい相手の心を失ってしまった…なんて残念な結果を招かないよう、ランキングを参考に普段の行動をチェックしてみてはいかがですか

-------------------------------

投資から他、他から投資に繋げる事で私生活が充実していくと面白いですね♪


ケチられると冷める人に聞いているアンケートですから、世論では無いという情報の取捨の大事さを考えさせられますね♪


初動の段階で、このような会話「割り勘は嫌」「服買って~」が繰り広げられると
ひよこのオスメス作業のように、相手が自分の生活を心配してくれるか?という部分がわかりますね♪

ただ、生活を心配していないから好きじゃないのか?と言われると意外とそうでもないという
思い込みの危険性の確認

自分自身に不要であり、相手の方向性に違和感を感じるモノは見切るといった
自分のニーズに合わせた相手選択投資でいうなら投資先選択が可能という勉強。

投資という欲が出るツールで一番の問題点は
>ケチったがために、本当に手に入れたい相手の心を失ってしまった…という所ではないでしょうか? 

外食代で本当に手に入れたいモノを逃すって何という素直に性に傾倒化した見方 
…しかし本能を優先し本当に手に入れたいモノが外食で手に入るならそこで奢るのはむしろ健全で、目先の財布の中身を気にするのは思考のノイズともいえますね♪


目的がインカムか?キャピタルか?等の明確化
そこに迷いは無いか 目先を気にして大魚を自ら放棄していないか

投資だと数字で結果が出るので、理性、目先を優先した結果、むしろバツが多い
それは含み益を早く処理しすぎる という事ですね。目先です。

やはり含み益を育て、含み損を早めにきるならば
見切り千両
そして目の前にある利益を我慢して、目的に向かって突っ走らなくちゃならないっすね^^;


投資の勉強から他の事に派生、逆に他の事から投資に繋げることもいっぱいありますし♪

世論や常識ではな事が、投資では数字になって×として結果が出てくるので、投資は非常に面白いと思います♪^

と同時に恥を文化とし、謙虚を美徳とする日本視点がやはり投資では邪魔だったりするんですね。^


にほんブログ村 小遣いブログへ
人気ブログランキングへブログランキングair_rank.gif

メディアに騙されない中国市場に対する見方

上海株の下落につられて…あらためて中国経済の世界に対する影響力・・・

マスメディア、そして投資家の方でもこういった見解を持っている方は多いと思われます。

上海市場とNYダウの相関性

P8250003_01.jpg
上海市場
P8250006_01.jpg
NYダウ

同時期のものです。

実は全く連動していません

上海市場で普通の海外の個人投資家が取引する事は出来ず、内陸の人と機関投資家の人ですね♪

という事は中国の人達の中国経済に対する見方、現地の人の声が聞けるようなモノではないか?

これはトンデモ解釈です

ジニ係数(主に社会における所得分配の不平等さを測る指標)など様々な指数を見ても、日本の10倍弱の格差が中国人の間で存在します。


その方々が全員上海市場で株式取引をしているのかどうかを考えると、おのずと中国市場に対する見方が変わってくると思います^^

変な例ですが、自分がミスをした時に

(…責任をなすりつけよう)

と考えた時、一番責任をなすりつけやすいのは周囲から見て最も疑わしく存在感のあるモノですよね♪

中国市場は、中国共産党一党独裁(明確には他民族の極々わずかな党も存在するらしい 影響力は全く無いそうですが^^;)がゆえの不透明さ、これを上手くマスメディアが利用し、中国市場の影響力、内需だとか、適当な解釈をする事がよく見受けられます。


中国市場の

内需の

中国の将来性

中国人の胃袋

中国が世界をリード



マスメディアから、こういう言葉がしきりに飛び出してきたら、大口さんの嵌め込みモードだな…と考えるのが意外と正解に近かったりすると思います^^

自分達が、大掛かりな仕掛けを打って市場で多大なる値動きが生じたとしても、何でもかんでも中国のせいにしたら済む話ですしね♪

にほんブログ村 小遣いブログへ
人気ブログランキングへブログランキング

 | HOME |  古い日記に行く »

 

現在の為替状況

プロフィール

huyugesan

Author:huyugesan
本格的に投資を始めてから2年程が過ぎました♪

応援よろしくお願いします

バナーポチッ(どうやって貼るんだったかな)



2013年末、投資歴5年目を超えてきましたよ。 2016年、投資歴8年のベテラン?に

カテゴリ

2016~ 投資戦略 (2)
2016~ 投資テクニック (1)
未分類 (393)
~2012日々の投資戦略 (184)
~2012 米国株投資 (8)
~2012 韓国株投資 (7)
~2012 香港株投資 (6)
~2012 ロシア株投資 (2)

リンク(相互リンク募集中♪)